骨髄腫ナビ

治療の種類

治療の種類

多発性骨髄腫の治療の目的は?

多発性骨髄腫の治療では、いくつかの治療法を組み合わせて、骨髄の中で次々とつくり出されるがん細胞の勢いを止めたり、数を減らしたりしていきます。
このような治療によって、症状を改善し、病状の落ち着いたよりよい状態を保ち、なるべく普段通りの生活を維持することを目指します。

初回の治療

多発性骨髄腫の治療の中心は薬物療法と自家造血幹細胞移植で、主治医は患者さんの年齢や合併症の程度、心臓や肺の機能などを基準に、どんな初回治療を行うかを判断します。

さまざまな種類の多発性骨髄腫の治療薬

薬物療法は、抗がん剤などを使ってからだの中の骨髄腫細胞をできるだけ減らすことで、症状の改善を図る治療です。
最近は治療薬の種類が増えたことから、患者さんの状態にあわせて、さまざまなお薬を組み合わせた治療が可能になっています。

  • ●国立がん研究センターがん情報サービス 多発性骨髄腫 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/MM/treatment.html) (2021/8/6閲覧)
  • ●日本骨髄腫学会(編):多発性骨髄腫の診療指針 第5版. 株式会社 文光堂, 2020
  • ●医療情報科学研究所 (編):病気がみえる vol.5 血液 第2版. 株式会社メディックメディア, 2017