骨髄腫ナビ

がんの情報を知りたいとき

がんの情報を知りたいとき

がんの一般的な治療法や経過については、インターネットを活用すると、欲しい情報をいつでも簡単に手に入れることができます。専門家が十分に吟味した信頼性の高い情報が得られるウェブサイトもあります。一方で、科学的根拠のない不正確な情報や、宣伝目的で作られた偏った情報もあるため注意が必要です。情報発信者が明確でないもの、特定の治療法や商品を勧めているもの、都合のよいことばかり書かれているものなどは、一歩引いて冷静に見るようにしましょう。慣れないうちは、下記のような公的な情報サイトや啓発サイトを中心に情報を集めるとよいでしょう。

【公的機関が提供するがんに関する情報サイト】

■国立がん研究センター「がん情報サービス」
http://ganjoho.jp

がんの解説から、診断・治療、療養生活まで、がんに関する信頼でき役に立つ情報を、患者さんやご家族など一般の方に向けてわかりやすく提供しています。

■日本緩和医療学会「緩和ケア. net」
http://www.kanwacare.net/

がんによる苦痛を和らげる緩和ケアに関する情報を提供しています。

【その他、がんに関する情報サイト】

■認定NPO法人キャンサーネットジャパン「CancerNet Japan」
https://www.cancernet.jp

がん患者さんがご本人の意思に基づき、治療に臨むことができるよう、がん医療に関する情報を提供し、がんの啓発を行うサイトです。

がんの療養生活について知りたいとき

がんの情報収集には、「がん相談支援センター」の利用もお勧めします。がん相談支援センターでは、がんに関するさまざまな相談を受け付け、診断・治療から、療養生活、仕事との両立・職場復帰、医療費助成・支援制度など、患者さんやご家族が必要とする幅広い情報を提供しています。必要な情報の探し方がわからないときも相談スタッフに一緒に探してもらうことができます。
同じ病気を体験した他の患者さんと話すことで、治療の体験に基づいたアドバイスなど療養生活を送るうえでの有用な情報をもらえる場合があります。患者さん同士が出会える場には、患者会のほか、医療機関内で開催される患者サロン(がんサロン)やピアサポートなどがあります。興味がある方は、看護師、医療ソーシャルワーカーなどに相談してみましょう。

患者会について詳細はこちらをご覧ください。
"患者会について"

国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター(編):患者必携
がんになったら手にとるガイド 普及新版. 株式会社 学研メディカル秀潤社,2013