骨髄腫ナビ

治療開始の基準

治療開始の基準

どんなときに治療を始める?

多発性骨髄腫の治療は、一般に、骨髄腫細胞とMタンパクが増えていて症状がみられる場合に行います。
多発性骨髄腫と診断されても、骨髄腫細胞とMタンパクが少なく症状がない場合は、すぐに治療を行わずに経過をみることがあります。

治療はいつまで続く?

多発性骨髄腫では初回の抗がん剤による治療がうまくいくと、骨髄腫細胞が減少して活動性が低くなる時期(寛解期)となります。この時期をできるだけ長く維持させるために維持療法を行う場合もあります。
現在の医療では、多発性骨髄腫は再発することがほとんどです。そのときには再び治療が行われます。

  • ●国立がん研究センターがん情報サービス 多発性骨髄腫 治療(https://ganjoho.jp/public/cancer/MM/treatment.html) (2021/8/6閲覧)
  • ●日本骨髄腫学会(編):多発性骨髄腫の診療指針 第5版. 株式会社 文光堂, 2020