骨髄腫ナビ

頻度と発症原因

頻度と発症原因

頻度

日本における多発性骨髄腫の発症率は、人口10万人あたり約5人です。
死亡者数は年間4,000人前後で、発症率、死亡率ともに年々増加傾向です。

発症年齢・性別

診断時の年齢(中央値)は66歳です。40歳未満での発症は非常にまれで、年齢が進むにつれて発症数が増加します。
性別では男性にやや多い傾向があります(人口10万人あたり男性5.7人、女性5.1人)。
※中央値:データを小さい順に並べたときに中央に位置する値

発症原因

発症原因は明確になっていませんが、多くの遺伝子異常が段階的に生じることで、骨髄腫となることがわかっています。