多発性骨髄腫は
形質細胞ががん化する病気

私たちの体には、病原体(細菌やウイルス、微生物など)から身を守る「免疫」というシステムがはたらいています。このシステムの中では、体内に侵入した病原体や、病原体に感染した細胞を認識して捕らえ、体内から排除する役割を担っている「抗体」がとても重要です。
多発性骨髄腫は血液がんの一つで、骨の中の骨髄にある「形質細胞」ががん化する病気です。形質細胞は、免疫グロブリンを作るという重要な役割がありますが、がん化した形質細胞(骨髄腫細胞)は正常な免疫グロブリンを作らず、体に悪い影響を与えるタンパク(異常免疫グロブリン:Mタンパク)を過剰に作るため、体に異常が生じます。

※免疫グロブリン:抗体の本質となるタンパクで、形質細胞から作られる。

形質細胞(抗体を産出)

健康な状態では、さまざまな病原体に対する抗体が作られる。

形質細胞(抗体を産出)

骨髄腫細胞(Mタンパクを産出)

多発性骨髄腫では、「Mタンパク」ばかり作られる。

骨髄腫細胞(Mタンパクを産出)

多発性骨髄腫の主な症状(概要)

多発性骨髄腫では、貧血、血液・尿中の高タンパク、骨病変、高カルシウム血症、腎障害、免疫力の低下などがみられますが、患者さんによってあらわれる症状は大きく異なります。

骨髄腫細胞

多発性骨髄腫でよくみられる症状

多発性骨髄腫でよくみられる症状